p5.js クリップ

p5.js

global変数

p5.js クリップ内の p5.js コードでは、Delir との連携を行うために以下のグローバル変数が利用できます。

  • console オブジェクト
    JavaScriptで利用可能なconsoleオブジェクトのメソッドが利用可能です。
    • log(...objects: any[]) - ブラウザコンソールにオブジェクトをダンプします
  • delir オブジェクト
    • ctx プロパティ
      • width: number - コンポジションの幅 (px)
      • height: number - コンポジションの高さ (px)
      • framerate: number - コンポジションのフレームレート (fps)
      • time: number - コンポジション上の経過秒数 [*1]
      • frame: number - コンポジション上の経過フレーム数 [*1]
      • timeOnClip: number - 現在のクリップ開始時点からの経過秒数 [*1]
      • frameOnClip: number - 現在のクリップ開始時点からの経過フレーム数 [*1]

*1 setup 関数内ではnullになります

できないこと

p5.js クリップでは以下の操作を行うことができません。(Alpha.5 時点)

  • マウスやキーボードなどの入力を受け付けるインタラクティブな処理
  • DOM操作を伴う処理(VideoやButtonの利用など)
  • 音声処理
  • 他のクリップのレンダリング結果を入力とする処理
  • 一部のp5.jsクラス
    • 対応できる可能性があるので、Twitterで「これ使えへんの?」と聞いてみてください

results matching ""

    No results matching ""