エクスプレッション

Delirでは、クリップ・エフェクトの各パラメータに対してJavaScriptによるエクスプレッションが利用できます。ES2016あたりの記法・APIが利用可能です。
スクリプトの最後で評価された値がパラメータの値になります。

progression = ctx.time / ctx.duration // この行はパラメータに影響を与えません
progression * 10 // ← この行の計算結果がパラメータに設定されます。

グローバルオブジェクト

ctx

ctxオブジェクトは現在のレンダリングセッションに関わる情報が記録されています。

プロパティ

  • ctx.time: number
    現在の再生時間(秒)
  • ctx.frame: number
    現在のフレーム番号
  • ctx.timeOnComposition: number
    クリップが再生されているコンポジション上での時間(秒)
  • ctx.frameOnComposition: number
    クリップが再生されているコンポジション上でのフレーム番号
  • ctx.width: number
    画面の幅ピクセル数
  • ctx.height: number
    画面の高さピクセル数
  • ctx.audioBuffer: Float32Array[]
    現在利用できません バッファリングされている音声の生データです。
  • ctx.duration: number
    コンポジション全体の再生時間(秒)
  • ctx.durationFrames: number
    コンポジション全体のフレーム数
  • ctx.clipProp: {[propertyName: string]: any}
     現在利用できません
  • ctx.currentValue: any
    現在パラメータに設定されている値です。パラメータによって型が異なります

results matching ""

    No results matching ""