ポストエフェクト

ポストエフェクトプラグインでは、レンダラーによってレンダリングされた画素情報を加工することが出来ます。

サンプルプロジェクト(GitHub)
プロジェクトテンプレートをダウンロード

注意

Alpha.5 現在、ポストエフェクトは試験的な機能です。

Alpha.4 で実験的に対応された WebGL の利用は、安定性の問題で Alpha.5 で廃止されました。
将来的に別の方法で対応される予定です。

開発のはじめ方

  • 事前にNode.jsyarnのインストールが必要です。
  • 開発には VisualStudio Code の使用をおすすめします。

プラグインテンプレートをダウンロードし、以下の場所にフォルダごと展開しましょう。
(delir/plugins/プラグイン名/package.json が存在するようにしてください)

Windows: %AppData%\delir\plugins
macOS: $HOME/Library/Application\ Support/delir/plugins/

テンプレートを展開したら、コマンドラインから展開したプラグインフォルダへ移動(cd)して
以下のコマンドを実行してください

yarn # 依存モジュールをインストールする
yarn dev # 更新監視モードで開発を始める(コードを書き換えると自動的にコンパイルが行われる)

サンプルプロジェクトのファイル構造

  • package.json - プラグイン情報を記述
  • src - プラグインのコンパイル前ソースコード
    • index.ts - エントリポイントになるファイル。ここにレンダリング処理を記述します。
  • dist - コンパイル後コードの出力先