package.json

package.json についてはこちらをご覧ください。
ポストエフェクトの package.json では以下の指定が必須です。

  • name: パッケージ ID(英数字とハイフン、package-id形式で指定可能),
  • version: "1.10.2" のような3つのドット区切りの数字。運用性のためセマンティックバージョニングに準拠してください。
  • author: "Name (URL)"形式の文字列(Name <mail@address> (URL) のような記述も可能です)
  • engines:
    • @delirvfx/core: 作成するプラグインが動作できる @delirvfx/core のバージョン。0.11.x のような指定が可能です。
  • delir
    • name: プラグインの表示名。日本語が利用可能です
    • type: post-effect 固定。

engines.delir

動作対象となる@delirvfx/coreのバージョンを指定します。
(Delir のバージョンではありません。)

    "engines": {
        "@delirvfx/core": "0.11.x" // => v0.6.* 対応ポストエフェクト
    }

delir

プラグインについての詳細情報を記述します。

  "delir": {
    "name": "プラグイン名",
    "type": "post-effect"
  }